ペットのフクロモモンガを購入して

フクロモモンガという珍しいペットを飼っている知人のお話です。
momonga
私は最近フクロモモンガを飼うことにしました。
前から目をつけていましたが機会がなく飼うことが出来ませんでした。
私には4人の子供がいますので、犬や猫といったペットはお金がかかってしまうのでフクロモモンガならそんなにお金はかからないだろうと思っていました。
子供たちは犬がほしいと言っていましたが、フクロモモンガの良さを伝えることによって子供たちもフクロモモンガがほしいと言い出しました。
家の近所にあるペットショップを何件か回りましたが、フクロモモンガを売っていたのは当時1件だけでした。
値段はオスとメスね違いました。オスは2万1千円、メスは2万3千円です。

生まれて3か月ほどのフクロモモンガのオスを買いました。
生まれてまだ3か月なので、小さくてとてもかわいかったです。
家に持って帰るときもかなり鳴いていました。
ペットショップの店員さんはさみしがり屋さんとフクロモモンガの事を言っていたので、小さな箱に入れられてさみしさのあまり鳴いていたのかもしれません。
なつくのに1週間位かかりました。

初めはよく噛んできました。まだ子供で小さいのですが、歯も小さかったのでかまれると結構痛いです。
血が出ることもありました。だんだんとかまないようになっていき、現在では甘噛み程度です。

一番上の長男には本当になついていて、長男が名前を呼ぶと寄ってくることがあります。
エサを与えていたのが長男と私だったのですが、私には長男ほどなついていません。
ほかの子にもほとんどなついていなく、一番下の子にはいまだに噛んで来たりしています。
居間でケ-ジに入れて飼っていますが、時間がある時は放し飼いにしています。
居間のスペ-スだけでですが、あちこちに行って困らせる時もあります。
一度食器棚の裏に入ってしまい、なかなか出てこない時もありました。
長男が呼んでもだめっだったので、めんどくさかったのですが食器棚を動かしたこともありました。

エサは初めの1年間位は、粉ミルクとフルーツを与えていました。
ペットショップに粉ミルクが売っています。
朝と晩の2回、粉ミルクを与えていました。結構飲んでくれます。
栄養価も粉ミルクは高いので、健康管理の部分でも粉ミルクは良いと思います。晩にだけリンゴやみかん、いちごといったフルーツを与えています。
フクロモモンガは夜行性なので、ケージにエサを入れて私たちは寝ています。
昼間はほとんど寝ていることが多いですが、子供が遊びたいときは強引に起こしています。
3か月ほど立って、フクロモモンガのオスだけではさみしいかなと思いメスも購入しました。
値段は2万3千円でしたが、同じペットショップで3か月前にオスを購入したことを伝えると1割、割引してもらいました。

メスのフクロモモンガはなかなかなつきません。
寝ているときに動かしたりすると唸り声をあげたりします。いまだにです。ペットショップの店員さんはメスの方が気性が荒いとは言っていました。
初めは捕まえるたびに噛まれていましたが、今は捕まえてもかまれることはありません。
少しは慣れてきましたが、オスのフクロモモンガとは全然違うなと思います。
警戒心が強いというか、臆病と言っても良いと思います。
居間で放し飼いにしているときなどは、子供たちが近くに行くだけで逃げて行ってしまします。

じっとしていると、肩などには乗ってきて匂いをかいでいますが、すぐに飛び降りて行ってしまいます。
少しずつ慣れて行ってほしいなと思っています。
今では2匹のフクロモモンガを飼っていますが、本当にかわいらしいです。

エサを食べる時のしぐさなどは最高です。なついてくれているオスのフクロモモンガは、首の部分を撫でてあげると気持ちよさそうにします。
なつくと我が子のようにかわいく思ってきます。
匂いは多少はありますが、犬や猫よりも全然ましだと思います。
エサもリンゴなどのフルーツなのでそんなにお金がかからないのも魅力の一つです。
フクロモモンガはこれからはやって来そうな動物だと思っていますので、皆さんも飼ってみてはいかかですか。本当に癒されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。