白いポメラニアンの育て方と栄養バランスの良いドッグフード

miyoさんところの白のポメラニアンのお話

20160311b

私が飼っているポメラニアンの毛の色は基本的にはオレンジ色ですが、年齢を重ねる毎に時々黒い色の毛が混じるようになりました。
毛が伸びてきたら時々ペットショップでトリマーに毛を切って貰って、全体の印象として可愛さを増す事が魅力的です。
小型犬として様々な病気を患ってきたが、動物病院の医師のおかげで何とか元気に自宅で過ごしています。

私の友人が飼っている犬は私と同じ犬種ですが、飼ってから1年しか経過していないので、全身が白い事で斬新なイメージを有する事が特徴です。
友人のポメラニアンは全身が真っ白ですので、可愛らしさと清楚さの印象が強いと思いました。友人はペットショップで愛犬を購入したが、購入した時は20万円ほどの価格であった事を伝えました。
店舗では白い色のタイプだけではなくて、オレンジや黒色のタイプも販売されていたので、様々なペットを販売している店舗である事に言及していました。
ミックスのタイプでは無いので、友人は私に血統書を見せてくれました。

友人宅に伺った時に、愛犬の育て方に関して教えられた経験があります。愛犬が飼い主に手を出すなどの適切なしつけの行い方を見ていて、私の育て方と明らかに違う事に気が付きました。友人が愛犬に与えるドッグフードは胃腸に優しいウェットタイプのフードで、健康を維持する為に栄養バランスの良いドッグフードを与えていた事が参考になります。

友人が愛犬にしつけを行っている様子を見ると、トイレの場所の指示などはきちんと行っていましたが、無理に階段を登らせるなどの行動をさせていない事に気付きました。
ポメラニアンは全身から見れば胴体が非常に大きいが、脚が非常に細かいので、脚の大きな負担を考慮すると無理な運動はさせない方が良いです。
自宅に入る時などの上がり段は友人がしっかりと愛犬を持って上がっていって、丁寧にペットを取り扱っている様子を見て感動しました。
友人の白い愛犬は可愛いので、白いタイプを買いたくなる気分になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。