Kawa 一覧

スポンサーリンク

寒い時期には特に注意しないといけない車のバッテリー

私は会社に勤めていた頃は年間250日ほど通勤で車を使っていたのですが、独立したことを機に年間10日ほどしか車に乗らなくなりました。

仕事の大半は家で済ませられるものでしたし、自宅マンションの駐車場代を支払うのがもったいないと思い、田舎にある祖父の家の車庫に車を置かせてもらっていたので乗る機会が極端に減ったのです。

それでもまったく通電しないと走らなくなってしまうのではと思い、月に1回は30キロほどの距離を走らせるようにしていました。

春や夏はそれでも問題ありませんでした。

しかし秋になり寒くなってきた頃、車のエンジンをかけようとするとプスッという音がするだけでエンジンがかからなくなってしまったのです。

急いでボンネットを開けてバッテリーをチェックしたところ、本来緑色のランプになっていないといけないものが真っ黒になっていて完全にバッテリーが上がってしまっていました。

自分だけではどうにもできないのでJAFを呼んで事情を説明したところ、こうなったのは2つの原因が重なったのではないかと言われました。

1つは寒い時期にひと月もエンジンをかけずに放置していたこと。

この季節になると乗らなくてもできれば毎日、最低でも2日に1度はエンジンをかけて走らせないと一気にバッテリーが上がってしまうとのことでした。

もう1つは常に車の警報機でバッテリーは使われているということ。

残りの充電量を見てもらうと寒さでバッテリー上がりになるだけでは普通はここまでにはならないとJAFの方が言うくらい空に近い状態になっていました。

触っていない期間中もずっと作動していたのは警報機くらいなのでこれも原因の1つになっていると言われました。

結局充電してもらってそこからは毎日20キロほど走らせるようにすると、バッテリーのランプも緑色に戻り、翌年あった車検も無事通すことができました。

あの一件以来、毎回車に乗るときにはバッテリーの具合を気にするようにしています。

(株)ニュートレード社

Keywords:

カーバッテリー 大阪

Address:

日本、〒544-0013 大阪府大阪市生野区巽中2丁目1−9A

Phone:+81-6-6753-3222

Website:

https://new-trade.co.jp/

Google Maps Links:

https://goo.gl/maps/vATBKVMtrAAw9zkc8


ドアに出来た傷に思わず顔面が蒼白に!

先日、兄の車を借りて運転をした時の話です。一通りドライブをして家に帰宅。車庫に入れるためバックで駐車をしようとしたところ、車庫内に置いてあったスコップに気付かず助手席側のドアをガリガリとこすってしまったのです。

こすった瞬間に音がしてヤバイと思ったのですが、もはや後の祭りです。とりあえず一旦停車をしてから助手席側へ走っていき、どのような状態か恐る恐る見ることにしました。その結果、兄が大切にしている車には10センチほどの見るも無残な傷跡が……。私は血の気が引いてしまいました。実は兄に黙って車を借りていたからです。正直、これがバレれば烈火のごとく怒られるだろうなと憂鬱になったものです。

しかし、このまま何もしないのも心証が悪いので、最善は尽くそうと車の修理をしてくれる業者を探すことにしました。そして目ぼしい業者を見つけると、私はすぐに電話を掛けました。するとすぐに持ってきてくれとの回答。私は重い足取りで業者のもとへと向かいました。

そして業者に車の状況を見てもらったのですが、しばらく傷の状態を見て一言。

「まあ明日中にはいけますね」

天の声とはこのことでしょうか。私には、その業者が神様のように見えました。そしてすぐに車の修理をお願いしたのです。

翌日指定の時間に業者のもとへと行くと、まるで何事も無かったような状態になっており、私は心の底から安堵したものです。

そして2日後、兄が出張から帰ってきましたが、依然として車の修理をした事実はバレてはいません。さすがプロですね。本当に助かりました。もうできればお世話になりたくありませんが、もしまた何かありましたらお願いしたいと思いますね。


逆流性食道炎の成因と適切な治療法

現代病の一つとなった逆流性食道炎。以前はあまり聞きなれない病気でありました。

文明開化以降、日本では徐々に食生活の欧米化が進み、和食はないがしろにされるようになりました。その結果、現代では肥満になる人が増加し、同時に逆流性食道炎になる人も増えてきたというわけです。逆流性食道炎は、胃酸や胃の中にある食べ物が食道に逆流することで、炎症を引き起こしてしまう病気です。この原因としては、ストレス、暴飲暴食、肥満などがあげられます。現代はストレス社会とも言われ、うつ病を患う人も多くなってきています。

人はストレスを受け続けると、自律神経が乱れてしまいます。これによって胃酸が過剰に分泌され、胃酸が食道に逆流しやすくなっています。そして、肥満体型の人は内臓の周りに脂肪が多く蓄積しており、胃に圧力がかかってしまい、食道へ胃酸が逆流してしやすい状態です。胃酸が食道に逆流している状態は、あまり良いとは言えず、長い間放置をしていると食道癌にかかる可能性があるため注意が必要となります。

逆流性食道炎の症状としては、胸やけ、胃酸が食道を通って喉へ上昇し違和感を覚える、げっぷが出る、というものがあります。これらの症状を改善するためには、胃酸の分泌を抑制する薬を服用することです。これによって、胃酸の過剰な分泌はなくなり、食道への逆流を防ぐことができるようになります。詳しいことは、担当の医師とよく相談し、適した薬を処方してもらうのが良いでしょう。しかし、肥満体型の人は、胃酸を抑制する薬を服用するだけでは治らない可能性があります。こういった人は、内臓周りの脂肪が胃を圧迫しているため、胃の中にある食べ物や胃酸が逆流しやすくなっている状態と言えます。この対処法としては、まずは生活習慣の乱れを改善することが重要です。具体的には、食事を和食に切り替えていき、適度な運動を生活に取り入れることです。適度な運動は、運動不足の解消にもなりますが、ストレスの発散にも効果的です。

逆流性食道炎は、もともと欧米人に多い病気でした。日頃から健康的な生活をしていれば、このような病気にかかる可能性は低くなります。逆流性食道炎の症状が見える方は、まずは1度病院で検査をしてもらうことをおすすめします。


暖かくなって食べたくなるスイーツといえば

みなさんこんにちは。
いかがお過ごしですか?
本日はとても暖かい陽気で、すっかり春ですね。

疲れていてどうしても甘いものが食べたくて、クレープを買いました。
後でゆっくり食べるつもりです。
私は、チョコレートとフルーツのコラボレーションが大好きで、目がありません。
トッピングにはアーモンドスライス。
もう、たまりません。

暑い季節になってくるとこう言ったお菓子、とくにアイスクリームなどがとても美味
しく感じます。
最近ではコンビニで、そのコンビニのオリジナルのアイスクリームかあったりします
から、毎年それがとても楽しみです。
仕事帰りについつい寄って食べてしまいます。

春といえばいちごの季節。
ストロベリー風味のスイーツがたくさん出回っています。
あのイチゴの赤い部分は、ブドウの紫と同じ仲間のアントシアニンという成分で、目
や体にはとても良いのだそうです。
もちろん、たまには奮発して買うこともありますし、イチゴそのものも大好きなので
すが、スーパーで普段購入するにはちょっと高い値段。

同じ季節にさくらんぼも出回りますが、こちらの方がお値段はお手ごろです。
この時期になってくるとそろそろみかんとりんごの消費が落ちてきます。
秋冬は美味しくいただきました。
また来年ね。

とあるレストランでフルーツの食べ放題があります。
なんと予約制で1ヶ月も待つのだとか。
大人気なのですね。

以前、男性で「みかんを剥いて食べるのが面倒だ」という人がいました。
私からすると、それがとってもびっくりしたのです。
りんごは包丁で皮を剥かなくてはならないので、面倒なのはわかります。
しかしミカンが面倒とは。
これには驚きました。
私が幼い頃に母親がよくリンゴでウサギを作ってくれました。
幼ながらに嬉しかったの覚えています。

一方、フルーツポンチというスイーツがありますが、我が家ではそれを食べたためし
がありません。
私は今、一人暮らしなのでそれを作ってしまうと分量は待ってしまうので作ることは
避けていますが、そのうち機会があれば食べてみたいなと思っています。
サイダーにフルーツですよね。
これがお酒だとサングリアになるのですよね。
こちらもそそられます。

最近、以前は見かけなかったフルーツでドラゴンフルーツというのが売られていま
す。
いつも食べてみたいなー。買ってみようかな?と思うのですが、万が一口に合わな
かった場合にもったいないのでいつも躊躇してしまいます。
子供の食べず嫌いときっと一緒ですね。
不思議なことにマンゴーは、本物の生のマンゴーよりも、ジャムになっている方が好
きです。
お気に入りはヨーグルトにかけるマンゴーソースです。

こういった食べ物の話しになると必ず思い出すのは妹のこと。
妹は必ず良いとこ取りで、高級なものや美味しいものだけを狙って全部一人で食べて
しまうのです。
例えばメロンとリンゴとミカンがあったらメロンだけ全部食べてしまうのです。
それでよくケンカをしました。
他の家族の分も少しとっておいてくれればいいのに。

今でもそのチャッカリ具合は変わりません。
ずる賢さは天下一品です。
そう言えばアイスクリームも取り合ってケンカをしました。
取り合って、言い合っているうちにどんどんと溶けてしまい、挙げ句の果てには母に
怒られ(泣)
二人とも結局食べられなかった記憶があります。
仲良く二人で別けあって食べればいいのにね。
子供の頃はとても単純でした。
大人では考えないような価値観でモノ考えていますから思いもよらない結果になるの
ですね。
ものがわかった今では、社会人になっているので食べ物は好きなものを買っています
からストレスはありませんが、好きなものだけ食べてしまいますね。

そんな訳でこれから夏に向かって南国フルーツの季節ですから楽しみです。
ではまたね!


フォトエッチングで暮らしを豊かに

多くの方にとってフォトエッチングとは聞きなれない言葉でしょう。
それでもエッチングについてはご存じの方が多いと思います。薬品を使って金属を腐食(溶解)させて加工する技法です。身近なところでは、建物の入り口にある社名の入ったネームプレート(表札)があげられるでしょう。また学校の美術の授業で銅版画の作成を体験した方もいらっしゃると思います。

使用する金属は、銅、ステンレス、ニッケルなどがあげられます。腐食用の液に
は、硝酸、塩酸でも可能ですが、錆色の酸化第二鉄液がより適しています。エッチングには、デザインや装飾品など意匠と基盤や繊細な部品など工業用を目的としたものがあります。
硝酸などを使った場合、腐食用の薬品に耐えられるタールなどの塗料を使ってエッチングを行ってきました。銅板にタールで絵を描いたり、またはタールを塗り、釘のような先の尖ったものでひっかき傷を作って線画を作成します。タールのある部分はそのままで、なにも塗ってないところは腐食されて凹凸ができます。この板にインクをのせて刷りあげると銅版画のできあがりです。
タールによる手書きの絵は味のある作品です。しかし全く同じものを描きあげることは至難の技、というよりほとんど不可能に近いものです。この不可能を可能に変えたのがフィルムの使用です。

手書きでもパソコンによる画像でも、これを原画にしてフィルムを作ります。エッチングですのでカラー画像には対応しておりません。モノクロのみです。
絵画の場合、中間のグレーを表現したいときは、ドットで描きます。小さい点、大きい点などドットのサイズの変更、その形を丸だけでなく四角形にしたり、間隔をあけるなどで濃淡の表現が可能になります。ちょうど新聞の写真と同じ手法です。
ではフォトエッチングの特徴についてみていきましょう。

その名の通り、写真技術を利用します。原画をモノクロ(黒と透明)のフィルムにします。黒い部分は光を遮り、透明のところは光を透過します。これを利用して、金属の腐食する部分と保護される部分を作ります。

簡単に説明すると、腐食はだいたい次の手順で行われます。
1.フィルムができたら金属に皮膜を作り、このふたつを密着させて感光します。
2.皮膜を焼き付けします。
3.露光していない部分の皮膜を洗い流します。
4.これをエッチング機に入れて塩化第二鉄液のシャワーをかけます。

高価な金型が不要で、金属の腐食による加工なので短時間での仕上がり、試作品や小量での対応が容易にできます。また従来の金属加工のように曲げる、打ち抜くなどの作業がないので金属に対しバリ、ヒズミ、カエリの心配がなく高精度な製品が望めます。

エッチングは用途に応じて、ネームプレートのように金属の片面のみを腐食させるもの。両面から同一のパターンで腐食させて貫通させるもの。表面と裏面で残す部分の大きさを変えることでくり抜く部分にテーパーをつけたり、凹型に腐食させたりが可能です。
板厚は、0.05mm未満から1.0mmまでが一般的で、フィルムは複数回の使用にも耐えられるものです。ミクロン単位の画像が可能なので複雑で緻密な図をフィルムにすることさえ容易に行えます。そのため産業用などの精密部品の生産で数多く使われるようになりました。

今や、フォトエッチングは、プリント基板をはじめ、カメラ・光学機器の反射リニアスケール、測定機器・医療機器のアパーチャー(絞り)、半導体キャリア、電子・電気機器のフィルムヒーターなど、電子、電気、自動車、医療機器、光学関連、事務機器等、多岐にわたり貢献しています。
そしてもうひとつ。もし興味がおありでしたら、自宅で「卓上エッチング装置」を使ってみてはいいかがでしょう。プリント基板の作成ばかりでなく、銅版画やオリジナルのアクセサリ作りをも楽しめそうです。

フォトエッチングは、工業用ばかりでなくパーソナルユースにも手を広げた夢のある技法といえるでしょう。


ご主人様の期待を裏切らない柴犬アズキ

私は現在28歳です。仕事は一般事務のいわゆる普通のOLです。現在は両親と妹と、
弟の5人実家暮らしです。私たち家族のペットは柴犬のアズキ。7歳の女の子です。

何が一番可愛いかというと、仕事で疲れて帰って来た時、ドアを開けるとアズキが
しっぽをこれどもかと言うくらいしっぽを振って迎えてくれることです。少し口から
舌をのぞかせて、目をキラキラ輝かせて、左右に身体を揺らしながら「お帰り」と
言ってくれます。毎日、ドアを開ける度癒されます。疲れもどこかに吹っ飛びます。
そんなお出迎え犬アズキですが、少し面白い所があります。人によってかなり対応を
変えるのです。例えば私の父が家にいる場合です。父はかなりの愛犬家です。私たち
子供には、幼い時玩具もお菓子も買ってはくれませんでしたが、アズキにはどちらも
買ってきます。家族からはなんで犬ばかりと陰でこっそり言われています。父が理想
とするアズキは少し甘えん坊でいたずらっ子です。それをアズキは察するのでしょ
う、かなりの甘えん坊いたずらっ子になるのです。

普段ソファーに座ってテレビを見ていると、側でお座りをしたり伏せをしているので
すが、父がいる場合足を舐めたり、甘噛みしたり、ゴロゴロ転がった大騒ぎするので
す。
他には、私が家に帰って来た時、可愛らしいしっぽを振るアズキは、のそのそ歩いて
くるのです。いかにも「かったりーな。」と言うオーラをプンプン出してきます。し
まいには触ろうとした瞬間、クルット向きを換え父の方に走っていくのです。それを
見た父は大爆笑してます。私も普段とのギャップに思わず笑ってしまします。ご主人
様の期待を裏切らないアズキはかなり頭がいいと思います。父がいて弟が帰って来た
時は、玄関にも出ていかないそうです。まだお姉ちゃんはいいよと弟に言われまし
た。

犬(ペット)は不思議です。特に言葉も発してはいませんが、なんだか側にいると賑や
かです。そして最高の癒しを与えてくれます。本当にいなくてはならない存在です。
毎日有り難う。アズキ。


歯列矯正の経験談です!

私が歯列矯正に興味を持ち実際に始めるまでの話、治療中の話、よかったこと、現在
の状態などを書かせていただきます。
もとともの歯並びは、前歯の横の歯がへこんでいて歯茎が出ている印象でした。自分
自身ではあまり気に留めておらず20歳になるまでは他の子と比べてコンプレックスと
感じることはありませんでした。そんな私が歯列矯正に興味をもったのは仲の良い友
人が大学時代に歯列矯正をしており、久々に会ったある日昔の印象とはまるで違って
いたからです。すっきりとしたフェイスライン、笑顔の時に見える整ったきれいな
歯、なによりも友人自身が治療をしたことを満足げに報告してくれたのです。その時
まで全く意識をしていませんでしたがその話を聞いてからなんだか自分の歯並びが気
になるようになってきました。自分の中の矯正熱が高まりつつ、「まずは、相談に
いってみよう!」と軽い気持ちで紹介してもらいました。相談では、私の歯並びの状
態の解説から実際に治療を始める際の流れ治療費を細かくお教えいただき、不安点な
どを解消され、これは今決断するしかないでしょう!と感じた私は即決で予約をしま
した。

診察が始まるとまずは無駄な歯の抜歯です。私の場合親知らず4本とその他の4本合計
8本を抜きました。抜く前の麻酔が痛かったです…そして抜歯してから歯茎を縫うの
ですが血圧が上がってしまった?のが原因で開けた口から血がダラダラと止まらず痛
いのに自分で運転して病院に行かなければならず辛かったという体験もしました…
そして、歯に装置をつけて太い針金で徐々に歯を動かしていくのですが、またそれも
痛い…これって歯が抜けたり折れたりしないの??って何度も思いました…

そんな思いをしていましたが、以外と歯の動きが早かったようで予定していた期間よ
りも早く装置を外すことができました。たしか1年~1年半くらいですべて終わりまし
た!

やはり装置を外してきれいな自分の歯をみると本当に治療に耐えてよかった~とうれ
しい気持ちしかありません。笑顔に自身がつきました!!
現在も寝るときはマウスピースを付けて戻らないようにしていますが、良い状態を
保っています。
お子様がいるママに矯正はどうだった?と聞かれることもしばしばですが、私は絶対
におすすめです!といつも断言しています。


動物のレーザー治療について ペットのいる方は必見です

皆さんは、ペットのレーザー治療について検討されたことはあるでしょうか。
皮膚の病気や内臓疾患、歯周病までいろいろな症状に対応可能です。
レーザーには生体に対して有害な作用と有益な作用があります。
有害な不可逆的な作用は、蒸散、炭化、凝固となります。強いレーザーを照射するこ
とになるので、照射部の組織は高温になりがちです。
焼ける間もなく消し飛んでしまうので蒸散します。
レーザーが殺人光線とか破壊光線と言われます。
レーザーのあたった部分を中心として、高熱で蒸散した組織に接した組織は炭化し、
その外側は凝固することになります。
熱の作用が弱くなって行くイメージです。ここまでは不可逆的な変化になりますが、
凝固層のさらに外側の組織にはレーザーの有益な作用があります。
疼痛緩和、治癒促進、炎症反応抑制、局所血流改善その他、生体にとっていろいろな
治療が可能です。
生体に有害な作用は、器械側で上手に制御することで、これを有益なものとして利用
できます。
蒸散をコントロールして線状に連続して行くと組織を切断します。
それを応用したのがレーザーメスです。
炭化層は組織修復に有害なのでできるだけ炭化層を作らないような方法が開発されて
います。
炎症などでただれている組織の表面を薄く凝固してやると痛みがなくなりますので動
物でも安心です。
レーザーを使って切開や凝固を行うとその周辺組織にはレーザーの有益な作用が起
こっていますので、術後の疼痛が少なく治癒が早くなるのですよ。
有害作用が全くでないようにしています。
このような装置がレーザー治療器です。

例えばこんなことができるんですよ。
痛風治療
人でも多い椎間板ヘルニアですが、犬はその独特な体幹と四肢のバランスを起点に発
症することがあります。椎間板ヘルニアに関してはその重症度に応じて治療プログラ
ムを組みます。発見が早期であり軽度の場合は安静・内服で回復することが多いです
が、 重度のときは手術をすることもあります。レーザーによる疼痛緩和はそういっ
た治療のサポートツールと考えることができます。疼痛緩和の効果は個体差がありま
すが、副作用もなく即効性があるため積極的に取り入れたい治療のひとつです。

歯周炎
歯肉炎の痛みは誰しも経験したことがあると思います。動物の場合は歯石の蓄積に端
を発することが多いので歯石をとることが最優先ですが、特に猫の場合はウイルスな
どを介して激しい痛みを伴う歯肉炎を発症することがあります。 内服による治療は
有効ですが投薬後吐き出したり、そもそも飲ませることが困難な個体もいるでしょ
う。さらには副作用の問題もあります。当院では処置が比較的に簡単で副作用のない
レーザーによる疼痛緩和コントロールを導入しています。 これも椎間板ヘルニア同
様にサポートツールとして非常に有効だと考えます。

いかがでしたでしょうか。じつはそれ以外にもいろいろありますので、有効に活用し
ましょう。
大切なペットに大変有効です。


建設機械は様々な工事現場などで活躍しています

建物とかを建てたり、特殊な構造の施設などを作っていく際には必ずですが建設機械
を使う機会が必ずあり、様々な現場で使用されてきていることは確かとなっていて、
それを操作する人たちも専門の資格を所持しているため、現場とかで建設機械とかを
巧みに操れるようになっています。

建設機械はどのような種類があるのかについて説明していくと、良く知られているの
が油圧タイプの大型・小型のショベルカーや大型・小型のホイールローダー、ブル
ドーザをはじめ、アーティキュレートダンプトラック、モータグレーダ、コンパクト
トラックローダ、スキッドステアローダといったものがあったりします。
これからの建設機械は必ずですが特殊な資格を所持しておかないといけないので、専
門的な知識と高度な技術が必要となるため、操縦するには資格を取るための研修を受
けなければいけなくなります。

最初にですが建物とかを建てたり、特殊な構造の施設などを作っていく際には必ずで
すが建設機械を使うということを書きましたが、道路とかの工事や電車とかの線路工
事などの時にも建設機械は使われることが多いため、多種多様のニーズに応えること
ができるものとなっているのです。

大まかな説明となりますが上記のほうで紹介した建設機械に関しての説明をしていく
と大型・小型タイプの油圧ショベルは万能タイプのマシンとなっていて主に活躍する
場所は建設現場、土木工事、林業での間伐対応、配管埋設や農地の水路整備などの際
とかにも使われたり、掘削や積込作業とかの時にも使用されています。

続いては大型・小型のホイールローダーは土木工事などで使われていることが多い建
設機械であり、こちらは農業や畜産業でも大きな効果を発揮しているマシンでもあ
り、堆肥の切り替えしをする時とか飼料の積込・運搬をする際にも使用され、降雪が
多き地域によっては除雪作業のマシンとしても利用されています。

ブルドーザもマルチに活躍するマシンでもあり、こちらは土木、建設、ダム、宅地造
成の工事などの際に使われていて、岩石処理、伐開除根とかにも対応できるように
なっているので、万能な建設機械の一つとしても知られ、街中を歩いている時に見か
けることがそれなりに多くあるものです。

土砂運搬の際などには大きな効果を発揮するアーティキュレートダンプトラック、
モータグレーダとなっていますが、こちらが多く見られる現場はダム工事や宅地造成
をはじめ、ゴルフ場建設工事、トンネル工事、鉱山での工事、採石場での工事などを
する時にも使われ、降雪が多い地域とかには除雪した雪を運搬する時にも使われてい
ます。

道路工事や路盤整形、空港建設工事、宅地構成、平地を滑らかにする際に使われてい
るモータグレーダも万能な建設機械でもあり、除雪、斜面の切り取りにも使われるこ
とがあるため、それなりに多く街中でも見かけるマシンとなっています。

最後にコンパクトトラックローダ、スキッドステアローダとなっていますが、こちら
は先端に取り付けられるアタッチメントが多くあり、様々な環境の中で工事に対応で
きるマシンとなっていて、主に建築や土木工事とか農林関係の工事、造園をはじめ、
除雪・運搬・清掃作業とかにも力を発揮してくれるため、魅力が多くあるマシンで
す。

様々な現場とかで対応している建設機械に関して説明してきましたが、参考になる情
報を発信できていたら幸いであり、建設機械は多くのものが活躍しているということ
を把握してもらえたら嬉しいです。
http://www.kinan.co.jp/


子猫と子犬を久々にお迎えしまして

「ムツゴロウ王国」みたいなお友達のペット事情(*^_^*)
プリント
わが家にはペットが7匹いました。
犬が1匹に猫が5匹、そしてウサギが1匹という、いろんな人にそれを話せば「ムツゴロウ王国みたいね」と言われるくらいの大所帯です。
一番年上の猫のことを考慮して、去年はもう増やすまい(保護とかもあまり考えない)と主人と相談していたのですが。

これも運命なのか出会いなのか、子犬の里親募集のサイトを観ていた主人が「どうしようか」と打ち明けてくれました。
見た感じは普通のダックス。しかしこの子には片腕がありませんでした。
そのためかなかなか貰い手がないらしく、下手したら保健所行きになるという恐ろしいことが待っていたそうなんです。
片腕がない以外は健康で可愛らしく、しかもものすごく人懐っこいダックスくん。
とにかく可愛らしい。うちにいるチワワもずっと犬では独りぼっちなので、そろそろお友達が出来てもいいかなという気持ちもあり、とりあえず会ってみようということになりました。

この時点では会ってみて、しばらく考える時間をいただこうと考えていました。
しかし相手(里親さん)も私たち夫婦に懐くダックスくんを見て、そのままよろしくお願いしますということになったんです。

本当にいきなりで急なお話。
そのつもりではあったんですが、突然渡されて正直どうしようという気持ちはありました。
まずはケージや水を飲ませるものや食器はどうしようかと。
しかし全部揃うんですよ、我が家は。
以前迷子の犬を保護した時に購入したものや、懸賞で当てたケージなど。一気に全て揃ってしまいました。
ある意味怖いものなしの状態です。後はこのダックスくんが慣れるまでと思っていたら。

翌日にはすでに慣れ家の中を難なく走り回り、先住のチワワとすぐに仲良くなっちゃいました。
来たばかり一週間くらいは片腕で走るのも大変そうだったけど、徐々に上手に走り回れるようになり、わが家に来て約3か月経った今では先住のチワワと並んで走れるまでに成長しました。
ハンデなんてお構いなし!元気いっぱい成長してくれています。

このダックスくんがだいぶわが家に慣れてきたある日、今度は主人が職場で子猫を保護したので飼えませんか?と聞かれたそうで。
子猫と言っても、ようやく卒乳したくらいの本当に小さな子で、この子も保健所行き一日前だったそうなんです。
それを聞くとなんだか捨てておけなくて。
主人から「どうしようか」のメールをもらった数秒後には「ソフトゲージ準備して待ってる」と返信していました。

先住猫5匹います。でも、みんな子猫の時に我が家に来てお兄ちゃんお姉ちゃんがしっかり親代わりをしてお世話してくれたから大丈夫かなと、少し厚かましい願いだけど思いました。
きっと仲良くしてくれるだろう、犬たちも噛んだりはしない子たちだから安心はしています。

その小さな子猫が来た時はみんな半径1メートル以内には近づかなかったんですが、徐々に近づいて行ってにおいを嗅いだりしてくれました。
翌日には毛づくろいをしたり、危ない場所に行かないように見守ってれたりと、すぐに仲良くしてくれました。
この子もこんな深い愛情のおかげか、わが家にきて約2週間たった今では倍の大きさになっています。
もうお兄ちゃんお姉ちゃんに混ざってごはんも食べるし、犬たちとじゃれて遊んだりもしています。

まだ子犬のダックスくんとこの子猫は似たような境遇だからか仲が良く、よく一緒に遊んでいます。
今はダックスくんの方が大きいけど、数か月後には変わらないくらいの大きさになろんだろうなと思うと楽しみで仕方がありません。

どちらもたくさん食べます、そしてよく遊んでよく眠って甘えてくれます。
もちろん先住の犬猫ウサギも。飼い主として本当に嬉しいことです。
これからもたくさん元気いっぱいで、長生きしてほしいですね。
毎日バタバタして大変だけど、本当にこの子たちに出会えてよかったです。


スポンサーリンク