リサイクルメニューだけどうまくいったもの (^_-)-☆

160414b
お肉大好き人間の揃っている我が家のビーフシチュー!は、お肉もちょっと大きめに切って用意します。
食べ盛りがいるので量もたっぷりと作るので、圧力鍋の大きいものはいつも大活躍してくれる調理器具です。

新しいレシピを教えてもらったこともあり、ちょっと思いついていつもとパイレックスのキャセロール鍋を使い、オーブンでじっくりと時間をかけて作ってみました。
圧力鍋を使うと短い時間でじっくり煮込んだ味が出せるので便利なのですが、新しく買ったキャセロール鍋を試してみたいという気持ちもありました。

大きな鍋でたくさん作ったので、シチューもそれなりに残りました。
いつもなら食べ盛りが温めなおして次の日の朝食にしたり、タッパに入れて冷凍しておいたりすることが多いです。
でも今回はちょっと趣向を変えて、牛ミンチやマッシュルーム・玉ねぎ・トマトを追加で調理したものを加え、コテージパイを作ってみることにしました。
ミートソースの上にマッシュポテトをのせて焼くこの料理は、ほぼオーブンにおまかせでいいし茹でたグリンピースなどを添えて出すだけで見栄えがします。

トマトベースで作ったシチューは、お肉のタイプに違いこそあれ基本的な味は同じということでパイの中身のミートソースにアレンジできると考えたのです。
私のこういう計画を知らない夫などは、夕食の後にもちょこちょことシチューの中のお肉をつまみ食いしたりしていました。
おかげで予定よりも「ごろごろお肉が少ない」ことになりましたが、その分は牛ミンチとマッシュルームでかさ増ししました。

じっくり煮込んだシチューがベースになっているので、炒めたミンチとマッシュルーム・玉ねぎやトマトを足して味を調節するだけで美味しいソースになりました。
マッシュポテトをたっぷりとのせ、その上からチェダーチーズを刻んだものもたっぷりと掛けてオーブンに入れます。

リサイクル料理ということで、一から作るよりも手間が省けたことは私にとって楽でした。
しかも家族にも好評で、残り物アレンジとは思えない、なんて言葉もありました。

毎日の献立を考えるのは嫌いではありませんが、時には「メンドウだなあ」と感じることもあったりします。ε-(_- ) フッ
残り物アレンジが上手にできるようになれば、ちょっと多めに作って次の日の下準備がわりにすることもできるなと思いつきました。
ネットで探してみると、お料理サイトにもいろんなアレンジ料理の情報があります。
これは自分では思いつかなかったな、というような素敵なものもありお弁当のおかずに使えそうなものもいろいろとありました。
休みの日のお昼に使うということもあるし、しばらくいろんなものに挑戦しようと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。