料理 一覧

スポンサーリンク

暖かくなって食べたくなるスイーツといえば

みなさんこんにちは。
いかがお過ごしですか?
本日はとても暖かい陽気で、すっかり春ですね。

疲れていてどうしても甘いものが食べたくて、クレープを買いました。
後でゆっくり食べるつもりです。
私は、チョコレートとフルーツのコラボレーションが大好きで、目がありません。
トッピングにはアーモンドスライス。
もう、たまりません。

暑い季節になってくるとこう言ったお菓子、とくにアイスクリームなどがとても美味
しく感じます。
最近ではコンビニで、そのコンビニのオリジナルのアイスクリームかあったりします
から、毎年それがとても楽しみです。
仕事帰りについつい寄って食べてしまいます。

春といえばいちごの季節。
ストロベリー風味のスイーツがたくさん出回っています。
あのイチゴの赤い部分は、ブドウの紫と同じ仲間のアントシアニンという成分で、目
や体にはとても良いのだそうです。
もちろん、たまには奮発して買うこともありますし、イチゴそのものも大好きなので
すが、スーパーで普段購入するにはちょっと高い値段。

同じ季節にさくらんぼも出回りますが、こちらの方がお値段はお手ごろです。
この時期になってくるとそろそろみかんとりんごの消費が落ちてきます。
秋冬は美味しくいただきました。
また来年ね。

とあるレストランでフルーツの食べ放題があります。
なんと予約制で1ヶ月も待つのだとか。
大人気なのですね。

以前、男性で「みかんを剥いて食べるのが面倒だ」という人がいました。
私からすると、それがとってもびっくりしたのです。
りんごは包丁で皮を剥かなくてはならないので、面倒なのはわかります。
しかしミカンが面倒とは。
これには驚きました。
私が幼い頃に母親がよくリンゴでウサギを作ってくれました。
幼ながらに嬉しかったの覚えています。

一方、フルーツポンチというスイーツがありますが、我が家ではそれを食べたためし
がありません。
私は今、一人暮らしなのでそれを作ってしまうと分量は待ってしまうので作ることは
避けていますが、そのうち機会があれば食べてみたいなと思っています。
サイダーにフルーツですよね。
これがお酒だとサングリアになるのですよね。
こちらもそそられます。

最近、以前は見かけなかったフルーツでドラゴンフルーツというのが売られていま
す。
いつも食べてみたいなー。買ってみようかな?と思うのですが、万が一口に合わな
かった場合にもったいないのでいつも躊躇してしまいます。
子供の食べず嫌いときっと一緒ですね。
不思議なことにマンゴーは、本物の生のマンゴーよりも、ジャムになっている方が好
きです。
お気に入りはヨーグルトにかけるマンゴーソースです。

こういった食べ物の話しになると必ず思い出すのは妹のこと。
妹は必ず良いとこ取りで、高級なものや美味しいものだけを狙って全部一人で食べて
しまうのです。
例えばメロンとリンゴとミカンがあったらメロンだけ全部食べてしまうのです。
それでよくケンカをしました。
他の家族の分も少しとっておいてくれればいいのに。

今でもそのチャッカリ具合は変わりません。
ずる賢さは天下一品です。
そう言えばアイスクリームも取り合ってケンカをしました。
取り合って、言い合っているうちにどんどんと溶けてしまい、挙げ句の果てには母に
怒られ(泣)
二人とも結局食べられなかった記憶があります。
仲良く二人で別けあって食べればいいのにね。
子供の頃はとても単純でした。
大人では考えないような価値観でモノ考えていますから思いもよらない結果になるの
ですね。
ものがわかった今では、社会人になっているので食べ物は好きなものを買っています
からストレスはありませんが、好きなものだけ食べてしまいますね。

そんな訳でこれから夏に向かって南国フルーツの季節ですから楽しみです。
ではまたね!


生イーストの発酵力って本当にすごい

bread
パン作りをしているとその材料にもこだわりたくなります。
発酵力がある生イーストに出会った時は衝撃を受けました。
独特の香りがあるので苦手という人もいるようですが、捏ねている間に気にならなくなります。
焼きあがりもフワフワしていて、本当においしいパンになります。

特にイギリスパンやパン・ド・ミを焼く時に使いますが、中々発酵をしない気温が低い日であっても、ドライイーストよりもしっかりと仕事をしてくれるので、助かっています。

期限が短いということがあるので、2週間以内に使わないといけないということはありますが、それでも1度使うと手放せなくなります。
普段はセミドライイーストを使っていますが、生イーストや天然酵母、白神酵母のイーストタイプなど作るパンに応じて使い分けるようにしています。

一番難しいのは天然酵母なのかもしれません。
ケアも大変ですし、手間はかかりますが、その分上手に出来ると嬉しくもなります。

生イーストは専門店でしか取り扱っていないので、中々購入をすることはできません。
通販であれば購入をすることができますが、それでも消費期限が短くなってしまうということもあるので、商品が届いてすぐにパンを焼ける日程を考えて注文をしなければいけない、という面倒はあるかもしれません。

自分で作ってみて上手に出来ると嬉しいものです。
生イーストはそんなに頻繁に購入はしませんが、それでも冬になると登場回数が多くなります。
気温が低いと発酵までの時間も多くかかってしまうので、朝早くからパンの仕込みをしなければいけません。
それも結構大変なので、生イーストの力を借りています。

パン作り初心者であれば、ドライイーストを使うことが一般的なのかもしれません。
予備発酵をしなくてもよいドライイーストも増えてきているので、パンを焼く準備も短縮をすることが出来るようになっています。

手間がかかる、面倒ということで全く興味がない人であったり、やろうとも思わない人もいますが、実際に美味しいものや安全なものを口にしたいと考えているのであれば、自分で作ることが一番です。

工夫をすることもできますし、街中のパン屋さんでは売っていないようなものも作ることが出来ます。
材料にこだわるとキリがありませんし、コストもかかってしまいますが、こだわったものだからこそ、余計に美味しいと感じることができますし、色々やってみたいという気持ちにもなれるんじゃないでしょうか。


リサイクルメニューだけどうまくいったもの (^_-)-☆

160414b
お肉大好き人間の揃っている我が家のビーフシチュー!は、お肉もちょっと大きめに切って用意します。
食べ盛りがいるので量もたっぷりと作るので、圧力鍋の大きいものはいつも大活躍してくれる調理器具です。

新しいレシピを教えてもらったこともあり、ちょっと思いついていつもとパイレックスのキャセロール鍋を使い、オーブンでじっくりと時間をかけて作ってみました。
圧力鍋を使うと短い時間でじっくり煮込んだ味が出せるので便利なのですが、新しく買ったキャセロール鍋を試してみたいという気持ちもありました。

大きな鍋でたくさん作ったので、シチューもそれなりに残りました。
いつもなら食べ盛りが温めなおして次の日の朝食にしたり、タッパに入れて冷凍しておいたりすることが多いです。
でも今回はちょっと趣向を変えて、牛ミンチやマッシュルーム・玉ねぎ・トマトを追加で調理したものを加え、コテージパイを作ってみることにしました。
ミートソースの上にマッシュポテトをのせて焼くこの料理は、ほぼオーブンにおまかせでいいし茹でたグリンピースなどを添えて出すだけで見栄えがします。

トマトベースで作ったシチューは、お肉のタイプに違いこそあれ基本的な味は同じということでパイの中身のミートソースにアレンジできると考えたのです。
私のこういう計画を知らない夫などは、夕食の後にもちょこちょことシチューの中のお肉をつまみ食いしたりしていました。
おかげで予定よりも「ごろごろお肉が少ない」ことになりましたが、その分は牛ミンチとマッシュルームでかさ増ししました。

じっくり煮込んだシチューがベースになっているので、炒めたミンチとマッシュルーム・玉ねぎやトマトを足して味を調節するだけで美味しいソースになりました。
マッシュポテトをたっぷりとのせ、その上からチェダーチーズを刻んだものもたっぷりと掛けてオーブンに入れます。

リサイクル料理ということで、一から作るよりも手間が省けたことは私にとって楽でした。
しかも家族にも好評で、残り物アレンジとは思えない、なんて言葉もありました。

毎日の献立を考えるのは嫌いではありませんが、時には「メンドウだなあ」と感じることもあったりします。ε-(_- ) フッ
残り物アレンジが上手にできるようになれば、ちょっと多めに作って次の日の下準備がわりにすることもできるなと思いつきました。
ネットで探してみると、お料理サイトにもいろんなアレンジ料理の情報があります。
これは自分では思いつかなかったな、というような素敵なものもありお弁当のおかずに使えそうなものもいろいろとありました。
休みの日のお昼に使うということもあるし、しばらくいろんなものに挑戦しようと思います。


オーブンレンジがない生活だけど家の調理器具で作れるオシャレな料理

最近の私が楽しんでいることは、お料理です。
今までに作ったことの無い料理、初挑戦のレシピを調べて挑戦したり、フランス料理の本を買ってできるだけオシャレな料理が作れるように頑張ったりと、お休みの日は出かけもしないで、ほとんどお料理の時間に費やしています。
特に最近は本をみて作ることが多いですが、ちょっと息抜きな感じでスマホでネット検索して、今まで作ったことは無いけれど、意外にメジャーな料理に挑戦するのも好きです。
スパイスカレーを作って、そのついでにナンにも挑戦しようとか、そういうノリなのですが、これが楽しくて仕方がありません。
それになんとなく色々な食材や技法を覚えてきている気がして、本当に楽しいなと思います。
20160314j
20160314i

私の家の調理器具はそんなに充実しておらず、最近やっとミキサーを手に入れて、ムースだったり手作りのドレシングだったりと、少しだけ料理の幅が広がってきました。
ただ自宅にない調理器具の一つは、オーブンレンジ。
毎回クッキーやグラタンなどオーブンレンジで作ったら美味しくて簡単に出来そうなものは、すべてオーブントースターで作っています。
そんなに苦ではないのですが、なんとなく時間はかかっているのかな?オーブンレンジなら、もう少し早く調理ができるのかもしれないなと考えながらも、特に作るのに困ったことがなかったので、購入は考えていませんでした。
ただ、最近パンを作ってみたいなあという気持ちになってきて、もしかしたらオーブントースターより、オーブンレンジの方が、いい感じにできるのかもしれ無いなと購入を考えている自分がいます。
クッキーなどを作る時も、考えていたのですが、結局オーブントースターでまかなえているし、別にいらないのかなあ?と迷っています。
じっくり焼くものにはアルミホイルをまけば、ゆっくり焼けるのだし、そんなに困って無いし、もしかしたらパンもオーブントースターで小麦粉から作れるのかもしれないな・・・。
と迷いまくって、でもインターネットでいい感じのオーブンレンジを探していたり、ちぐはぐな考えが頭の中をぐるぐるしています。

幸せな悩みだなと思っているのですが、意外にこれが私にとっては大きな悩みで。
思い切って買ってしまえばいいかもしれませんが、いかんせん置く場所がそんなにないので、どちらかの選択になるのです。
トースターで焼いたトーストやグラタンって美味しいと思うんですよね。
オーブンレンジを使ったことがないから言えるのですが。

どうしたら考えがまとまるのかを、毎日考えています。


簡単な手作りピザや美味しい家飲みおつまみの作り方!

最近の私がはまっている、家飲み。
その家飲みのお供は、やっぱり美味しいおつまみ。
ということで、おかず作りにハマっています。しかもちょっとオシャレに見えそうなものを作って、SNSにあげるのが楽しくなってきました。
20160314c
20160314d
つい先日、思い付きで作ったのは、ナスのピザ。
ケチャップとしめじ、チーズを乗せて、オーブントースターでチン!小さな野菜ピザの出来上がり。
それに加えて同時に作った電子レンジでチン!としたのが、オクラのチーズがけ。
これもおつまみとして最高に美味しかったです。
もちろんお肉系も忘れない。スーパーで安かった豚肉を普通に塩・こしょうでグリルしただけのもや、かるく食べられる野菜スティック、それにオーソドックスに卵焼き。
そして前日から仕込んでいたテリーヌなどなど、バラエティにとんだおかずを少量ずつお皿に並べて、家飲みパーティー。
とても、ゆったりとくつろげ、そして幸せな時間が過ごせました。
毎日、このようなたくさんのおかずを作るのは無理がありますが、休日前のゆっくりした時間には、こういう家飲みセットみたいなメニューを、我が家の定番にしていこうかなと考えています。

外食で飲みに行くのも、本来大好きなのですが、やはり金銭的なことを考えると、家飲みでまったり、そして低価格で好きなものが食べて飲んでができるというのが、とても幸せな贅沢だなと、最近は思い始めてきました。
もちろん友人たちと外食をして、半端なく盛り上がって楽しい時間を過ごすということは、なくすことのできない幸せな時間ですが、自宅でこっそり感じる、こういうスタイルの幸せもあっていいかなっと思います。
1000円くらいで、幸せな時間を感じられるのなら、この家飲みスタイルは正解だと思います。

ただ、家飲みで困ったことはひとつ。それは追加メニューを作るのが、けっこう面倒に感じること。おつまみがやっぱり足りなかったな、と思った時にキッチンに戻るのが、億劫だったりもします。
結局、最初はどんなに凝っていてオシャレに盛り付けしたりしていても、簡単な料理を、適当なお皿にドバッといれるという結果にはなってしまうのです。
まあ、ちょっとお酒も入って面倒に感じている時って、そんな感じなのかもしれませんが。

それとあと、自宅だと意外に食べ過ぎてしまうこと。
外食なら金銭的なことを考えて、あまり食べないようにすることもできるのですが、家飲みだと冷蔵庫の中は食べ放題くらいの感じになってしまうので、これは困ったことだと思っています。

この二つを、なんとか改善して、もっと気持ちのいい家飲みができるようにしたいと思います。


スポンサーリンク