一覧

スポンサーリンク

家族として迎えた捨て犬 ヨークシャテリアのハク

白のヨークシャテリア「ハク」との出会い

dog

その犬との出会いは祖父が犬を飼いたいと言い出したことから始まりました。
飼っていた犬が亡くなり意気消沈していた祖父が「気持ちの整理がつかない。新しい家族を迎え入れたい」と言い出しました。

私たちはそんな祖父の言葉を聞き、快諾。祖父のために犬を探し始めました。
私たちはペットショップなどを周り、母は動物愛護団体へ相談しに行きました。
母が行った動物愛護団体の施設でその犬と出会いました。
白に少し銀色が混ざった推定8ヶ月のメスのヨークシャテリアでした。

祖父も私達もその犬がとても気に入り、その子を連れて帰ることにしました。
連れて帰り、早速名前を決める会議が始まりました。
弟や妹も集まり、皆色々な候補を出してきます。
日本ぽい名前や横文字のかっこいい名前。何時間経ってもなかなか決まりません。

しびれを切らした祖母が、「白い犬なんだから、ハクでいいんじゃない?感じで書くと白だよ。この子にぴったりないい名前じゃない?」
祖父も私達も「ハク!いいじゃん!それにしよう!」「お前の名前は今日からハクだよ!」と大喜びでハクに話しかけていました。

ハクの性格は人懐っこく犬見知りもしない、愛想のいい犬です。
そんなハクはうちに来てからは来客者にも愛想を振りまき散歩中にも愛想を振りまき、すぐにご近所犬とも仲良くなった様子でした。

トイレも早い段階で覚え、愛想を振りまきすぎて散歩中に誰かに付いて行く事以外は全く手のかからない犬です。
当時私の部屋は2階に位置していたのですが、私が仕事から帰るとハクは玄関まで来て私が2階の部屋に上がる時には一緒についてきてご飯の時間まで私の部屋で遊んでたりしました。

通常ハクは1階で祖父、祖母と共に寝ていたのですが、たまに夜になると祖父達の部屋を抜け出し、2階の私の部屋まで上がってきたりしていました。
上がってきて部屋の扉が開いていないと、扉を爪でカリカリしたり、それでも起きないとクンクン鳴き出すのです。

私を起こして扉を開けてもらったハクはご満悦で部屋に入り私とともに寝るという事が週の半分くらいありました。
なぜ、毎日じゃないのかはハクにしかわかりませんが、その日の気分なんでしょうね(笑)

私が仕事が休みで家にいる時は、たまにお昼寝もしていました。
初夏なんかは窓を開けてそよそよ吹く風にあたりながらハクとお昼寝することは、私も大好きでした。

ハクは私と一緒に寝る時はなぜか股の間の膝らへんで必ず寝ます。
足を閉じることができないので、他の場所にハクを移して寝ようとしても、必ずその場所に来ます。
それはいいのですが、犬も夢を見ることがあるんでしょうか?
たまに、ハクは寝言みたいな鳴き声を出したり、夢?の中で喧嘩をしているのか突然私の太ももを噛んだりしていました(笑)
噛まれた痛みで私も飛び起きて私が飛び起きたことでハクもびっくりして飛び起きる(笑)みたいなことが何度もあり、いい思い出として私の中に未だにあります。

今では、私は祖父の家を離れ飛行機の距離で一人暮らしをしています。
ハクと過ごした時間はそんなに長くはないですが、私の中ではもう一人妹ができたみたいな存在でした。
たまに会いたくなる時があります。そんな時は妹や弟に頼んでハクの写メや動画を送ってもらったりします。

私のケータイの待受けやSNSのプロフィール画像はハクだったりします。
何度見ても飽きないくらいの美人さんで時々人間みたいな顔をするハクが大好きです。
今度地元に帰った時は祖父の家に泊まりに行こうかと思います。
半年に一回は帰るのでそんなに会ってないことはないですが、祖父の家に泊まりに行かないとハクとは一緒に寝れないですから、、また寝言を聞いて足を噛まれに行きたいです(笑)


愛犬の病気を見抜いてくれたのは、セカンドオピニオン先の動物病院でした。

13歳のビーグル犬と暮らしているIさんの動物病院体験談です。

dog

私には今年13歳になろうとしているビーグル犬(女の子)がおります。
昔、飼っていた野良の子猫が行方不明となり、泣き暮れている小学生だった当時の私に父親がペットショップから迎えてきてくれた子です。
しかし遺伝的な骨格形成不全を起こしていた彼女は、やはり遺伝からきたのか7歳でホルモンの病気を患ってしまいました。れでも可愛い我が子には変わりありませんが、初めて犬を飼ったこともあり、犬に関しての知識が皆無だった飼い主である私は3軒目の動物病院先でようやく彼女がホルモンの病気をしていたことに気付けたのでした。

ホルモンの病気と言うのは、人間も起こる甲状腺機能低下症と副腎皮質機能亢進症(別名クッシング症候群)の2つです。
症状としては部分的な脱毛、多飲多尿、そして一番顕著に現れる意気消沈な姿が挙げられます。

彼女はまさに悲しげな顔つきをしていて、ごはんはがつがつ食べてくれるのに散歩には行きたがらない生活を送っていました。
一番気がかっていたのは、ラットテールと呼ばれる尻尾の上の毛が全部抜け落ちてしまう症状があったことでした。

しかし、最初の動物病院先でも2軒目の病院先でも「ストレスからでしょう。とにかく体重を減らしてあげてください。」と口を揃えて言うばかりでした。
当時、彼女の体重は16キロもあり、ビーグルの適正体重は10キロ前後でしたので、かなりの肥満体形だったことが分かります。
しかし、新陳代謝のコントロールをしてくれる甲状腺の病気があったため、いくら歩かせようがいくらダイエット用のごはんに変えようが、まったく減らなかった記憶があります。

途方に暮れるとはまさにあの時のことを言うのだと思います。
動物のプロからはストレスからだと言われ、彼女の姿を見た他の飼い主さんからは可哀想だと罵られ、飼い主としての自信をなくしかけていた時でした。
ある日、彼女が血尿をしてしまった日はたまたま行きつけだった動物病院が休診日だったのです。
急いで代わりの動物病院を訪ねたのが、今現在も通院させていただいているセカンドオピニオン先でした。

今までの先生は私が診てほしい箇所しか診てくれなかったのに対し、今の先生は私が何も言わずとも、それこそ鼻の先から尻尾の先まで診てくれたことに感激したのを今でも鮮明に覚えています。

「これはいつから禿げていたのですか?」

そう問われたことから始まり、触診から検査へとなり、結果的にホルモンの異常が確認されたのです。

最初の診察から3年が経ちました。
週に1度の通院があり、薬も1日2回4錠呑まなければならず、薬代も月に5万以上は掛かっています。
けれど今の先生のおかげで彼女は別人ならぬ別犬のような姿に生まれ変わり、禿げていた尻尾は白髪交じりのふさふさな毛に覆いつくされ、16キロもあった体重は10キロまで落ちました。
あれだけ行きたがらなかった散歩も朝晩2回45分は歩かないと寝てくれないようになり、7歳から病気を発症してしまった彼女がもうすぐ13歳になります。
適切な治療によって彼女の寿命は6年も伸びてくれたのです。
今の先生と出会わなければ彼女は今どうなっていたかなんて、想像すらしたくありません。

今の先生は本当に動物のことを想ってくれている方で、勉強家でもあります。
本当に出会えてよかったです。
彼女を本当の彼女に戻してくれたことに、感謝してもしきれないくらい感謝しています。


美味しいの?犬が喜ぶドッグフード

ことみさんのこだわりのドッグフードのお話です。

我が家には、五歳になるオスのミニチュアダックスフントがいます。生後二ヶ月半時に買いました。
赤ちゃんの時は、ペットショップで食べていたフードを教えてもらい、それをお湯でふやかしてあげていました。
そのフードはネスレ日本株式会社の(ピュリナワン)というペットフードです。

purina
これは、カリカリタイプで、合成着色料・香料ともに無添加です。
一歳になるまであげてました。
値段が少し高めでしたが、成長時期には栄養が大切なので。。と思っていたからです。
このペットフードで一度も下痢はありませんでした。”吐く”事もなく元気に育ちました。

このピュリナは、犬種別にいろいろなタイプが揃えられており、我が家はもちろんダックスフント用のものでした。
この犬種別のタイプは本当に意味あるの?と疑問に感じている飼い主も多いと思います。
私もその一人でしたが、ペットが毎日とても健康そうないい○ん○をしていたので、うちの犬にはあっていたんだと思います。

一歳を過ぎ、大人になった時、ペットフードを変えてみようかな?と思い、気になったものを購入して、ピュリナと混ぜなからいろいろと試した時期があります。
匂いが違うためか食べなかったり、残す時もあり、結局はもとに戻す事にしました。
ただ、子供の時に食べていたピュリナとは違う、ほぐし粒の入った新鮮な生のターキーが主原料のもので、こちらも無添加です。
700グラム入りで800円位です。約10日分と記載がありますが、うちは朝はミルク(犬用)をかけて食べさせているため、量を少なくしてます。
(昼間はお留守番になるため寝てるだけなので)結果、倍の20日位はもちます。
節約のため、今では、安く購入できるサイトをみつけたりして、一袋400~500円位でまとめ買いしています。

そして、あとひとつは、デビフという会社の(ひな鳥レバーの水煮)です。
この商品は缶詰でウェットタイプになります。野菜入りで国産なので安心しています。

ピュリナの上にこの野菜入りレバーをかけてやると、すごく喜び食い付きもよくバクバク食べてくれます。
よほど美味しいのでしょう(笑)はっきりとは分かりませんが、このデビフの会社は昔からあり、昔からあるということは長く指示されている証拠だと思っています。
私は、おやつもこのデビフのものを与えています。
うちの犬は軟骨のおやつなんか大好きで、パッケージを見ただけですごいしっぽの振り方をします。
缶詰は150グラム入りで130円位。おやつはいろいろとありますが、200円~500円位です。
ホームセンターや身近にあるマツモトキヨシやドン・キホーテなどでもデビフの商品は購入できます。
愛犬の健康も考えて、キャベツやブロッコリーの芯を刻んであげることもよくあります。
こちらもやはりピュリナに混ぜたりして、ペットが飽きないよう工夫しています。
犬だって美味しいものが食べたいはず!健康と美味しさをバランスよく考えることは大切だと思って、これからもペットとの生活を楽しんでいきます。


愛犬達との毎日にお勉強させられます

わんこ好きの美人Kさん家のお話

sibaken

私には、沢山の愛犬がいます。現在7匹も共に生活しています。
室内に3匹、屋外に4匹もいるんです。みんな、それぞれに性格が違うんです。
かかわりをみて、毎日笑ったり、叱ったり忙しいです。

室内にいる3匹はイタリアングレーハウンド・シーズー全員女の子です。
第1号のシーズーはマイペース。
第2号のシーズーは、極度の飼い主依存症。
そして第3号のイタリアングレーハウンド! この子が最高に面白いんです。現在、2歳。
一つの犬のぬいぐるみがあります。その、ぬいぐるみはお友達で私が抱っこすると慌ててやってきて、くわえて隠してしまいます。
夫は、母性で子犬だと思っているのだろうと言います。
確かに、この子のお母さんは子育ての上手な子だったと聞いています。
きっと、母性が強いんですね。

屋外に柴犬2匹とバーニーズマウンテンドッグが2匹いますが、柴犬が喧嘩を始めると、イタリアングレーハウンドは間に入り喧嘩の仲裁をしたりし
ます。本当に性格が良い(美犬)です。
楽しくも忙しい毎日!掃除が大変で、一日3回の掃除が欠かせません。イタリアングレーハウンドは短毛ですが抜け毛があります。

つい1か月前まで柴犬も2匹室内におりました。
柴犬はダブル毛なので、これがすごい抜け毛で予防注射が終わるまで室内で飼っていましたが、現在は屋外に出ています。
初めて飼った和犬は警戒心も強く本に掲載されているように、飼い主に忠実で良い番犬として活躍しています。
同じ犬種でも性格は別なんですよね。驚くほど違います。
1匹ずつ穏やかだったり、気性が激しかったりと、まるで幼稚園のようです。

沢山の犬を飼うのには大変なこともあります。
ワクチン接種などの健康管理・ドッグフードやおやつ費用・室内はペットシーツ費用・掃除です。
室内には部屋の匂い対策のために消臭器に空気清浄機を4つ設置し、床を蒸気で拭いて清潔にしなくては犬といえアレルギーにならないよう気を使
います。

シャンプーなどのトリミングも月に1回は通います。
長毛犬シーズーはトリミング。短毛の犬は私が毎日行います。

動物を飼うことの責任もあります。
先日、10年飼っていたコーギーが天国に行ってしまいました。
5年歩けなくなり5か月介護生活になってしまいました。
人も動物も本当に日々、愛情を持って毎日を大切にしていきたいと改めて感じました。
私は、愛犬に沢山の人が忘れているような当たり前だけれどなかなかできないことを教えられ日々の家族とのかかわりも大切にしています。


我が家の愛犬、コンブ。

転勤族のまみちゃんの愛犬(ミックス♀)コンブのお話

konbu
今年で10歳になるミックス犬♀を飼っています。
前に飼っていた犬を亡くし、軽いペットロスになり毎日寂しい思いをしていました。
そろそろ犬が欲しいなとインターネットで里親募集のサイトを見つけ、石垣島にある「わんわんクラブ」という捨て犬を保護している施設に出会いました。
捨てられていた兄弟達を保護したばかりで子犬が数匹紹介されていました。
その中の一匹を選び、施設に連絡を入れました。

東京在住ですがその時ちょうど沖縄で結婚式をする予定だったので、式が終わった後石垣島に旅行を兼ねて引き取りに行きました。産まれてから3か月くらいの子犬。
渡された時はすごく緊張していたのが全く動かず、何をしても反応もなく、声も出さず…と本当にシャイな子でした。数日を石垣島で過ごし、東京に戻りました。
滞在中もしかして声が出ないのか?なんて心配にもなったほど全く鳴かず、相変わらず固まったまま。散歩に出しても全然歩かなかったです。
自宅に戻った日の夜、私はスーツケースのロックをかける部分に思いっきり足をぶつけ出血しました。
衝撃が凄く血を見るのが苦手は私は本当に怖くて、旅の疲れもあったのか数秒くらい気を失って倒れてしまいました。
ふと目を覚ますと、自分から寄ってきてくれなかったコンブが横に寄り添って丸くなっていました。その時は本当に嬉しくて、やっと家族と思ってくれたんだ!と感激しました。
次の日から少しずつ散歩で歩いたりもしてくれて、顔を思いっきり舐めてきたりと初めて会った時とは全くの別犬のように思いっきり甘えてくれるようになりました。
でも可愛がるだけではなく、しつけもしないといけません。

ある日旦那さんの靴の中に大きい方をしていました。
漫画みたいで笑えるのですが、笑ったら喜んでもらえると勘違いしてしまうのでここは堪えて叱り、ペットシートに連れて行きここがトイレだと何度も何度も教えました。
いつの頃かトイレシートにする事を覚えたのですが、私のやり方が間違っていたのかトイレシートにするというよりも、そこの場所にするというように認識していた様子で数ヶ月後引っ越ししたら、こちらがここをトイレにしようと決めて置いたシートと全く違う所にトイレをしていました。
引っ越ししたてで戸惑ったのか、しばらくそういう事が続き、こちらから合わせてそこにシートを置いてもまたずれた所にする…という日が続きしばらくトイレには悩まされました。
コンブと出会ってからというもの、仕事から疲れて帰ってきても元気に向かい入れてくれる嬉しさや、普段なら用事がないと絶対に家から出なかったのに、散歩をしようと積極的に外に出たり、一緒に旅行に行ったりと行動が幅広くなりました。

飼い始めてからもう10年になりますがありがたい事に病気もなく健康でいてくれました。
前と比べ真っ黒だった毛も白い毛が目立ち始め、寝る時間も少し多くなりましたがまだまだ健康でいて長生きをして欲しいです。
犬がいる生活は具合が悪い時や忙しい時など大変な事もありますが、いつでも嬉しそうに迎えてくれるし、一緒にいるだけで本当に癒されます。


スポンサーリンク