リオオリンピックの代表が続々決定する

160411f

リオオリンピックまで4ヶ月を切り、あらゆる競技で代表選手が決まっています。
先日柔道の代表選考会があり、透明化するため選考会議を公開しました。
けがで選考大会に出ていなかった選手が選ばれたり、優勝していない選手が選ばれるなど相変わらず柔道は実績重視のようです。
柔道とは逆に水泳は一発選考です。
代表選考会を兼ねた日本選手権で1,2位に入り(1位のみの種目もあり)なおかつ派遣標準記録を突破することが条件です。
4大会連続出場を目指した北島康介選手は平泳ぎ100メートルで2位にはいるも派遣標準記録を突破することができず、代表切符を手にすることができませんでした。
200メートルで代表入りを目指します。
この選考方法ははっきりしていて分かりやすいですが、たまたま、選考会で体調が悪かった実力ある選手もここで結果を出さないとオリンピックに出られないのです。
アメリカの陸上も一発選考で、メダリストも代表になれないこともあります。
実績か一発選考か、どちらもそれぞれリスクがあってどちらとは言えないのですが、やはりタイムを競うものは数字でしっかりと出ますから一発選考がよいようにも思えます。

バレーボールは5月に行われる五輪最終予選で出場権を狙います。
いつもギリギリで男女とも調整が難しいのではないかと思ってしまいます。
卓球などは早々に代表選手が決定しています。
いろいろと対策できるのでいいのではないかと思う反面、その後に優秀な選手出てきたら?なんて思ってしまいます。
結局こちらもどちらにもリスクがあるということですね。

陸上では3月にマラソンの代表選手が決まりました。
こちらについても去年のアジア選手権で日本人トップだった女子選手がすでに内定しており、選考方法について早すぎたのではないかという意見もありました。
今後は検討の余地があるのではないかと思います。
ほかの陸上競技は6月の日本選手権の結果と実績できまるそうです。
やはり日本の選手が出ていれば見るし盛り上がります。
みなベストな状態で4年に一度の晴れ舞台をくいのない試合をしてほしいと思います。

最後にゲスではありますが、卓球の福原愛選手が台湾の卓球選手とお付き合いをしていて、リオ五輪後は結婚も考えているとか。なかなかのイケメンと聞いています。
あの可愛かった愛ちゃんが結婚なんですね。
最近女性らしくなったなと思っていましたが、そういうことだったんですね。
気になるのは生まれた子供の国籍はどちらになるのかということです。
愛ちゃんそして相手も卓球選手ですから相当なDNAですよ!
気が早いですが日本で競技してほしいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。