人間の気持ちがわかる猫

犬や猫やいろいろなペットって本当にかけがえのない家族ですね~
Aさんが猫ちゃんと暮らした大切な思い出を語ってくれました。

cat
昔家で飼っていた猫のお話をしようと思います。
その猫は私が小さいときからずっと一緒に暮らしてきた猫です。
すこし大きくて真っ白で凛としてとてもきれいな猫でした。
小さい頃私が熱を出して寝込んでいたりするといつも横に来てくれました。
普段はお母さんと一緒に寝てるんですが私が風邪をひいたときはずっと私のそばを離れないでいてくれました。
今でもその時の記憶が残っています。
隣にいてくれる時もすごくかわいかったんですが私が一番かわいいと思った瞬間はマタタビをあげたときです。
ゴロゴロと喉を鳴らしてすりすりしてくるんです。
マタタビ食べてないときもたまにしてくるんですがマタタビをあげるといつも以上に寄ってくるんです。
その姿が本当に可愛かったです。

私のその子の不思議な所は普通の猫ちゃんはお腹とか触られるのを嫌がるんですがうちの猫ちゃんはお腹を触られるのが大好きでした。
お腹を撫でてあげると喉を鳴らして喜んでました。
その時の私は猫のことにあまり知識がなかったので他のお家の猫に同じことをしたら怒られました。

基本的にお腹は嫌がるみたいですね。
猫を飼ってる途中で犬を一匹飼うことになったんですが最初はうまくやっていけるか心配だったんですけど喧嘩などしないで仲良く過ごしてくれました。
猫が犬のお母さんみたいになっていて猫のまねを犬がしてたりあとをついていったり見ててすごくほほえましかったです。
ちゃんと主従関係を作ってるのがすごいなって思いました。

困ったのは脱走しちゃうところです。
元々家の猫は野良猫だったみたいで外に興味があるのか少し油断するとすぐ脱走しちゃってました。
初めて脱走した時はすごい焦りました。
このまま帰ってこなかったらどうしよう、二度と会えないのかななど色々考えてました。
玄関の前にご飯を置いてみたりもしたんですけどなかなか帰ってきませんでした。
ある朝目を覚ますと何故か猫がいました。
お母さんに経緯を聞くと夜中玄関の前で猫の鳴き声がして玄関をあけたらいたと言っていました。
見た瞬間本当に安心しました。
それからも何回か脱走してたんですが頭がいいのかそのたびちゃんと帰ってきてくれまいした。
事故とかの心配とかもしてしまうのでなるべく注意をしていたんですがほんの一瞬の隙をみて飛び出てました。
これが唯一困ったところです。

あとはあんまり困ったところはありませんでした。
病気にもあまりならずに元気に過ごしてました。
私が大きくなって学校から帰ってきて少し落ち込んでいたりすると喉を鳴らして近くに来てすりすりしてきたりしました。
やっぱ動物は人間の気持ちわかるんだなって実感しました。
家の猫の最後は老衰でした。

大きい病気をせず20年ちょっと生きてくれた事にびっくりしました。
私は10年ぐらいしか一緒に過ごせなかったですけどでもすごい色々なことを猫から教わりました。
一緒に猫じゃらしとかで遊んで楽しかったことや心配する気持ちなど本当に色々教えて貰いました。
最後は亡くなる悲しさを教えて貰いました。

亡くなる悲しさや苦しさを最後の最後に教えて貰いました。
よく猫はなくなる直前に家から脱走すると言いますがうちの猫はこの時脱走しようとしませんでした。
多分脱走してたら私は生き物が亡くなる悲しさや苦しさをわからなかったと思うので脱走しないでいてくれてよかったです。
私の家ではそれからも犬や猫を飼ってます。
みんなそれぞれ性格が違うので学ぶことはつきません。
あとはペットがいることによってすごい癒されたりもするのでペットと暮らす日々は本当に楽しいです。

今私は一人暮らしをしているんですけどたまに実家に帰って日々の疲れをペットに癒してもらってます。
少し遊ぶだけで本当に癒されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。